診療科案内

ホーム > 診療案内 > 診療科紹介 > 泌尿器科

泌尿器科

  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介

治療方針

目指すのは「小回りが利くジェネラルな泌尿器科」

 当科は日本泌尿器科学会認定専門医研修施設であり、専門医2名が常勤しています。通常の外来診療はもちろんのこと、週2回手術を行っています。手術の多くは、膀胱がんや前立腺肥大症の内視鏡手術ですが、そのほかにがん根治手術も行っています。
 また、前立腺がんに対する抗がん剤(タキソテール)治療や、腎がんに対する分子標的薬治療にも対応し、専門性にこだわらず幅広く診療しています。加えて、当院緩和ケア科との院内連携により、泌尿器科末期がんの患者様に対するベストサポートケアの窓口としても対応しています。

大学関連病院としての連携

 腎結石や尿管結石に対する破砕手術や、前立腺がんなどに対する放射線治療はできませんが、患者様がご希望されましたら、適応について説明をさせていただき、速やかに大学およびその他の関連施設にご紹介しています。

地域の基幹病院としての連携

 前立腺がんの2次検診も行っております。区の検診や人間ドックなどでPSA値が要精査となった場合、画像検査や組織検査が必要になります。ぜひ、ご相談下さい。精密検査で前立腺にがんが見つからなかった場合、状態によっては、その後の近医での定期的なチェックへの切り替えもご相談させていただきます。

診察している疾患

 当科は、尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道)および男性生殖器(精巣・前立腺・陰茎)の病気(炎症・結石・腫瘍など)を診断・治療する科です。
以下のような症状がありましたら、泌尿器科専門医にご相談下さい。

血尿が出たら

  • 痛みを伴う場合
    比較的多い原因は尿管結石です。多くの場合、左右どちらかの背中や下腹部の痛みを伴います。また、女性の場合、膀胱炎に血尿を伴うことも珍しくありません。
  • 痛みを伴わない場合
    血尿の程度によっては、尿路悪性腫瘍(腎臓がん・膀胱がんなど)の可能性も考えての検査が必要です。これら以外にも、いろいろな病気が考えられますので、早めにご 相談下さい。

男性で尿が出づらい

 55歳以上であれば、前立腺肥大症の可能性があります。以下の質問票(国際前立腺症状スコア:IPSS)に思い当たる項目があればご相談下さい。診察で前立腺の大きさを調べるとともに、排尿の勢いを確認します。前立腺肥大症と診断がつけば多くの場合、内服によって改善が見込まれますが、比較的手術侵襲の少ない内視鏡手術も行っております。

尿が近い・漏れる

 何らかの理由で膀胱が敏感になりすぎて、頻尿や強い尿意を感じたり、場合によっては尿を漏らしたりする病気を過活動膀胱と言います。ご自身が、尿が近いかどうかの判断は、映画を1本見る時間やバス旅行の休憩地までの移動時間に相当する2時間くらいがひとつの目安と考えて下さい。高齢の方に多く見られるため、あきらめている患者様も多いかと思いますが、以下の質問票(過活動膀胱症状質問票:OABSS )を参考にしていただき思い当たることがあれば、ぜひ一度専門医にお尋ね下さい。

PSAの値が高い

 前立腺がんは年々増え続けている病気です。PSAは前立腺がんを見つけるために有効な血液検査です。しかしPSA値の高い人すべてが前立腺がんというわけではありません。もし人間ドックや検診でPSA値が高いと言われた場合は、まず直腸診や超音波検査などを行います。その上で前立腺がんの疑いが高い場合は、前立腺に針を刺し組織を採って調べる前立腺針生検を行います。施行後、出血や血尿、発熱の可能性がありますので、当科では、安全のために1泊の検査入院という形をおすすめしています。

手術件数

 
平成24年
平成25年
平成26年
平成27年
TUR-BT
29
45
33
37
TUR-P
14
31
16
17
腎がん手術
3
4
5
4
腎尿管全摘術
4
1
2
膀胱全摘除術
4
膀胱部分切除術
3
前立腺がん手術
2
1
精巣がん手術
3
1
2
経尿道的膀胱結石砕石術
2
5
7
5
膀胱瘻造設術
2
1
4
1
腎瘻造設術
4
4
3
3
陰嚢水腫根治術
1
1
2
5
尿管ステント留置術
13
20
20
19
前立腺針生検術
34
71
56
59
包皮環状切除術
3
3
2
2
  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介
診療科案内

外来のご案内

入院のご案内

お見舞いのご案内

診療科案内 電話:03-3383-1281 〒166-0012 東京都杉並区和田2-25-1<交通アクセス>

このページのトップへ

日本医療機能評価機構 認定第GB331号
CUDマーク
女性活躍推進法