診療科案内

ホーム > 診療案内 > 診療科紹介 > 整形外科

整形外科

  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介

膝の疾患の詳細についてはコチラ   手の疾患の詳細についてはコチラ


 整形外科ではおもに骨、関節(靭帯)、筋肉(腱)、神経などの病気を診療しています。
例えばスポーツでの骨折や、お年寄りの膝の痛み(変形性膝関節症)、運動中の突然の筋肉痛(肉離れ) 、腰が痛く足がしびれる(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄)ような状態など、首から下の骨・関節・筋肉・神経などに異常がありましたら整形外科を受診して下さい。 痛風、骨粗鬆症、慢性関節リウマチなどの全身的な病気も整形外科で診療します。
 整形外科は診療領域が広いため、専門性をもった医師が診療にあたっています。また、より高度な治療を要する場合には大学病院等と連携して患者さんにとってベストな治療ができるよう対応させていただいています。もしお子さんの骨折や急な腰痛など、緊急に整形外科の診察を希望される場合は整形外科外来へ電話でご相談下さい。

膝の疾患

 膝関節の専門医が診療します。スポーツによるケガや、変形性膝関節症などの慢性的な病気まで広く対応しています。外来診療、装具加療、リハビリ、手術を行っていますので、お子様からお年寄りまで、お気軽にご相談下さい。元気な膝を取り戻しましょう!

主な疾患

スポーツなどによるケガ

  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷(前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷など)
  • 軟骨損傷
  • 肉離れ、腱の炎症(大腿四頭筋付着部炎、膝蓋腱炎、腸脛靭帯炎など)
  • 膝蓋骨脱臼
  • 疲労骨折

子供や成長期の疾患

  • 前十字靭帯付着部剥離骨折
  • 円板状半月板損傷
  • 離断性骨軟骨炎
  • オスグッド病

変形性膝関節症

特発性骨壊死

特発性骨壊死

手術について

関節鏡手術

 膝に内視鏡を用いる手術です。1p以下の傷を数か所用いて行いますので、身体の負担は小さく、お子様でも手術が可能で、術後の回復も早くなります。
  半月板損傷では状態により、傷んだ部分だけを切除する方法か、半月板を温存する縫合術を行います。
 前十字靭帯(ACL)損傷や後十字靭帯(PCL)損傷などの靭帯損傷に対しては、自分の腱を用いて、もともとの靭帯の付着部や機能を再現するように、解剖学的再建術を行っています。使用する腱は、スポーツ競技や仕事により、ご自身の膝蓋腱または太ももの裏側のハムストリング腱(2重束再建術)を用います。どちらも安定した成績で、スポーツ復帰が可能です。その他、離断性骨軟骨炎や膝蓋骨脱臼に対する手術も行っています。

変形性膝関節症、特発性骨壊死に対する手術

 変形性膝関節症は、関節の軟骨の摩耗により関節が変形してしまいます。歩行や階段などで膝に痛みが出てきます。お薬やヒアルロン酸の注射、装具、リハビリ治療が行われますが、痛みが改善しない場合は手術をお勧めします。

人工膝関節全置換術(TKA)

 関節の表面を薄い金属で覆う手術です。除痛効果と早期復帰に優れています。  当院では、日本人の骨形態に合わせて独自に開発した、日本製の人工関節を使用しています。切除する骨を最小限にすることが可能であり、適合性を高めることで、より違和感の少ない膝を目指しています。術後は、2日目から歩行訓練が始まります。ハイキングなど負担の少ないスポーツや軽作業が可能です。

適応:変形性膝関節症の中でも、変形が進行した方。特に70歳〜90歳の方を中心に、幅広い年代の方に可能です。関節リウマチの方にも可能です。

人工膝関節単顆置換術(UKA)

 膝関節の内側または外側だけを金属で置換する手術です。TKAに比べて傷が小さく、切除する組織も少ないので、術後の痛みの回復や復帰が更に早く可能です。

適応:関節の軟骨の摩耗が内側や外側に限られており、変形も軽度の方。

高位脛骨骨切り術(HTO)、遠位大腿骨骨切り術(DFO)

 脛骨というスネの骨や大腿骨を切って、骨の角度を矯正し、O脚やX脚を治します。TKAやUKAと異なり、関節に人工物を使用しないので、術後にスポーツや重労働でも復帰可能です。将来、関節症が進行してしまった場合でも、TKAを行うことが可能です。

適応:関節の軟骨の摩耗が内側や外側に限られている方。20歳~70歳代の方で、活動性の高い方。

手の疾患〜手根管症候群

手首(手関節)にある手根管というトンネル内で正中神経が圧迫された状態です。それに手首(手関節)の運動が加わって生じます。
 手根管は手関節部にある手根骨と横手根靱帯(屈筋支帯)で囲まれた伸び縮みのできないトンネルで、その中を1本の正中神経と指を動かす9本の腱が滑膜性の腱鞘を伴って走行しています。
正中神経の支配領域の支配領域である示指、中指がしびれ、痛みがでますが、最終的には母指(親指)から環指の母指側の3本半の指がしびれます(個人差があります)。急性期には、このしびれ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。痛みやしびれで眼が覚めてしまう人もいます。手を振ったり、指を曲げ伸ばしするとしびれ、痛みは楽になります。手のこわばり感もあります。ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。鈕掛け、箸使い、縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。

原因

特発性というものが多く、原因不明とされています。妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴です。そのほか、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。腫瘍や腫瘤などの出来物でも手根管症候群になることがあります。

病態

正中神経が手首(手関節)にある手根管というトンネル内で圧迫された状態です。それに手首(手関節)の運動が加わって手根管症候群は生じます。手根管の内圧が上がり、圧迫に弱い正中神経が扁平化して症状を呈すると考えられています。使いすぎの腱鞘炎やケガによるむくみなども同様に正中神経が圧迫されて手根管症候群を発症します。 診断には正中神経領域の感覚障害や、Palen test、母指球の筋力低下や筋萎縮を診ます。補助検査として、手根管をはさんだ正中神経の伝導速度を測定します。腫瘤が疑われるものでは、MRIなどの検査が必要になります。

治療

消炎鎮痛剤やビタミンB12などの飲み薬、塗布薬、運動や仕事の軽減などやシーネ固定などの局所の安静、腱鞘炎を治めるためのステロイドの手根管内腱鞘内注射などの保存的療法を行います。難治性のものや母指球筋のやせたもの、腫瘤のあるものなどは手術が必要になります。 当院での手術は、主に手掌内小皮切(約3 p: 図1)による直視下手根管開放術を行っています。母指球の萎縮が強くつまみが困難な方には対立再建術を行うこともあります。どの治療法が良いか、患者さんの病状により異なってきます。 十分にご相談のうえ治療方針を決めていきますので、不安に思われることがありましたら遠慮なく医師にご相談ください。

  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介
診療科案内

外来のご案内

入院のご案内

お見舞いのご案内

診療科案内 電話:03-3383-1281 〒166-0012 東京都杉並区和田2-25-1<交通アクセス>

このページのトップへ

日本医療機能評価機構 認定第GB331号
CUDマーク
女性活躍推進法