診療科案内

ホーム > 診療案内 > 診療科紹介 > 脳神経外科

脳神経外科

  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介

治療方針

 脳神経外科では、脳、脊髄、に関連するすべての疾患が対象になります。代表的な疾患には脳卒中、脳動脈瘤、頭部外傷、脳腫瘍。さらには、てんかんや頭痛、めまい、三叉神経痛や顔面けいれん、そして認知症の中には手術で治る方もいるため、診断検査など幅広く行っています。佼成病院の脳神経外科は、地域医療を中心に考え、質の高い最先端の医療を提供できるように日々研鑚しています。

  • 2名の脳神経外科認定医(専門医)が常勤と、5名の非常勤医師で、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞などの脳卒中や頭部外傷(小児を含む)などの救急対応を必要とする患者さんの受け入れを行っています。
  • 脳卒中の超急性期の受け入れに全力をあげて取り組んでおり、t-PAを用いた血栓溶解療法、MRIや脳血流シンチを用いて病態を診断し、HCUで急性期管理を行っています。
  • 未破裂脳動脈瘤の検査、手術治療(開頭術、血管内治療)も行っています。
  • 特に、脳血管内治療の分野では年間500例以上の治療経験を持つ順天堂大学脳神経血管内治療学大石英則教授に来ていただき、大学病院と同じ治療が受けられる体制が整っております。
  • 脳腫瘍の診断から手術治療、化学療法まで行っています。
  • 外科系の当直とは別に「脳神経外科当直」がいつでも脳神経の救急医療ができるようになっています。(水曜、木曜は自宅待機)
  • 特に、専門的リハビリが必要な患者さんには脳卒中地域連携パスを使用し、医療福祉相談員(MSW)の協力により、回復期リハビリ病棟を持つ病院への橋渡しも行っています。

診療疾患

疾患名
関連する疾患
脳血管障害
くも膜下出血、脳出血、未破裂脳動脈瘤、脳梗塞、脳動脈解離内頸動脈狭窄症、脳動静脈奇形、硬膜動静脈奇形、もやもや病等
頭部外傷
脳震盪、頭部挫創、脳挫傷、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、外傷性くも膜下出血、慢性硬膜下血腫
脳腫瘍
髄膜腫、神経膠腫、転移性脳腫瘍、下垂体腫瘍、神経症腫、小児脳腫瘍
水頭症
正常圧水頭症、二次性性水頭症
機能的
三叉神経痛、顔面けいれん、てんかん、痙性斜頸
その他
頭痛一般、片頭痛、髄膜炎、脳膿瘍、頸椎症、腰部脊柱管狭窄症、脊髄腫瘍、キアリー奇形、くも膜嚢胞

当脳神経外科で扱う代表疾患

脳血管障害、脳卒中

‐くも膜下出血と脳動脈瘤‐
 くも膜下出血は脳動脈瘤という血管のふくらみが突然破裂することによって起こります。原因として動脈瘤破裂が殆ど(80-90%)です。好発年齢は50-60才台で女性に多く、危険因子は高血圧、喫煙、多量のアルコール摂取、家族歴などがあります。
 症状は突然の激しい頭痛で、前兆を伴わないことが殆どです。軽い頭痛で発症する方から意識を失ってしまう方まで様々ですので、心配な方は受診をお勧めします。
 脳動脈瘤の手術には、開頭クリッピング術と血管内治療によるコイル塞栓術があります。当施設では、動脈瘤の場所や形状を考慮して治療方法を決定しています。
@破裂動脈瘤に対するクリッピングについてはコチラをご覧ください(PDF)
A未破裂脳動脈瘤に対する手術法についてはコチラをご覧ください(PDF)

くも膜下出血のCT
MRA

‐脳梗塞を含む脳虚血疾患‐
 「脳卒中」と言われる疾患は、くも膜下出血などに代表される、「出血」と「脳梗塞」、2つに分類できます。脳梗塞は更に3つのタイプに分類できます。

  1. 大きな動脈の動脈硬化によって血栓が出来て詰まるもの。
  2. 心臓に出来た血栓が流れて来て詰まるもの。
  3. 脳の細い動脈が高血圧のために細くなって詰まってしまうもの。

 その症状は意識障害、運動障害(半身が動かなくなる)、感覚障害(半身の感覚が鈍くなる)、平衡障害(ふらつき)、けいれん(大脳皮質が障害された場合)、視野障害(後頭部が障害された場合)、視力障害(眼の動脈が詰まった場合)、頭痛(出血した場合)、痴呆(多発性の脳卒中の場合)などがあります。症状としては、運動障害(片麻痺)が最も多くみられます。

 脳は各部分の働きが異なり、発症場所によって症状が異なります。例えば、運動の中枢に発症すれば反対側の半身(右脳であれば左半身)の麻痺が、感覚の中枢では反対側の半身(右脳であれば左半身)の感覚障害がおこります。
運動性言語中枢に発症すると、他人の言っていることを理解できても自分ではしゃべれなくなります。感覚性言語中枢に発症すると、他人の言っていることが理解できなくなります。
大脳からの運動の指令は延髄というところで交叉しており、そのために反対側の麻痺になるわけです。(日本脳卒中協会HPより)
脳梗塞の急性期の治療は、薬による内科的な治療が中心になります。現在日本では、脳梗塞(急性期)の治療においては、「血液の固まりを溶かす薬」、「脳を保護する薬」、「脳のむくみ(腫れ)を抑える薬」、「血液の固まりを抑える薬」による治療などが行われています。これらをできるだけ早く治療を開始することが重要です。当科は脳外科ですが、全身管理を含めた神経内科的役割も行っています。
※参考:‐血管内手術‐(順天堂大学脳神経外科の血管内治療へリンクしています)

頭部外傷、小児頭部外傷

 頭部外傷とは、頭に外から力が加わることで頭の皮膚、頭蓋骨、脳の損傷を来たすことです。原因は、交通事故や転落、転倒などです。
 頭皮裂けた場合(挫創または切創)血行が良いため比較的小さな傷でも出血安いのが特徴です。処置が必要となる場合がありますので、受診を勧めます。 たとえ傷がなくても骨折している場合があります。骨折そのものは陥没していない手術になりませんが、それだけの強い衝撃により、脳内に出血した場合(脳挫傷、外傷性くも膜下出血)は入院が必要です。脳を圧迫するような出血時(急性硬膜下血腫や急性硬膜外血腫)の場合は緊急手術となる場合があります。高齢者では外傷から1〜2ヶ月たって頭痛や麻痺、認知症状などが出現する慢性硬膜下血腫があり、局所麻酔手術が可能な場合もあります。
  脳震盪はその字のとおり脳が急激に揺れ動かされて起こる症状です。ボクシングのノックアウトがその典型ですがサッカーやラグビー、柔道などのコンタクトスポーツでもよく起こります。一時的に意識が無くなる、記憶が無くなる、めまい感、バランス感覚がおかしくなる、頭痛、吐気、視界がぼやけるなどの症状が現れます。軽い脳震盪では脳に対する影響はありませんので数日の安静で回復します。打撲直後は安静にして軽く頭部を冷やして経過を見ます。脳震盪を起こした当日は競技に復帰すべきではありません。検査上の異常がなくても頭痛や吐き気が取れない場合は完全に回復するまで最低1週間の安静が必要です。一度脳震盪を起こすと次の打撲で脳震盪を起こすリスクは増加し、より重篤になりやすいというセカンドインパクト症候群が知られています。そのためアメリカ神経学会ではアメフトで明らかな脳震盪を起こした選手には3週間は試合に出させないよう忠告しています。
 乳児や幼児を含めたお子さんは、頭が大きく転びやすく、かつ夢中になっていて視野が狭いため怪我をしやすいのが特長です。年齢によって外傷の原因は異なりますが、外傷時に早急に受診する必要がある場合として下記の項目があげられます。

  • 出血があり処置が必要そうな時。
  • けいれん(ひきつけ)やけいれんを繰り返す時。
  • 視線が合わず、呼びかけや刺激に反応がなくぐったりしている時。
  • 嘔吐を何度も繰り返す時。(1〜2回あっても元気なら大丈夫です)
  • なんとなく様子がおかしく、普段と違う場合。
  • 鼻や耳がら血が混ざった透明な液が出ている場合。
  • 1メートル以上の高さから転落した時。

以上に限定されるわけではありませんので、判断に迷った時や不安な時はすぐに受診してください。
@小児頭部外傷の詳細についてはコチラをご覧ください(PDF)
A慢性硬膜下血腫についてはコチラをご覧ください(PDF)

脳腫瘍

 脳腫瘍には、脳あるいは周囲の膜から発生する原発性能腫瘍と他臓器がんの転移である転移性能腫瘍があります。原発性脳腫瘍の年間発生頻度は10万人に約8〜10人と言われています。頻度は

  • 髄膜腫(27%)
  • 神経膠腫(25%)
  • 下垂体腺腫(18%)
  • 神経鞘腫(11%)

 当院では、最新のナビゲーションシステムや顕微鏡を用いて安全な治療が行える環境が整っています。放射線治療が必要な場合は、ガンマーナイフ、サイバーナイフの専門施設を紹介しております。より高度な治療が必要とされる場合は順天堂大学附属順天堂医院の脳神経外科への紹介も随時可能です。

正常圧水頭症:手術で治る認知症

 認知症患者は2025年には700万人を突破し、65歳以上の5人に1人が認知症となると予想されています。当科では、認知症の診断やお薬の治療も行うとともに、手術で改善が期待できる正常圧水頭症の診断と治療を行っています。
正常圧水頭症には、何かしらの病気があってそれに続いて起こる、続発性正常水頭症と呼ばれるものと、原因がわかりにくい特発性正常圧水頭症と呼ばれるものがあります。高齢者に多く見られるのは特発性です。 認知症と診断された高齢者の、5%〜10%にこの症状があるのではないかと考えられていますが、正常圧水頭症でよく見られる症状は、その他の認知症でも見られるものなので、詳しく検査などが行われていなければ、間違われている事もあります。ただこの正常圧水頭症で起こる認知症は、アルツハイマー型などと異なり、治療で改善出来る可能性があり、早期発見が肝心です。
典型的な症状は下記のような症状です。

  • 歩行障害:足が開き、歩幅が狭く、すり足で歩くようになります
  • 軽い認知症の症状:記憶障害より集中力や注意力の低下が目立ちます。
  • 尿失禁:切迫性で尿意を感じても我慢できる時間が短いための失禁。

 手術で治療が可能とされていますが、手術に適した時期をすぎると、手術を行っても改善が期待できないことがあります。早期発見が治療の鍵です。
手術とは、頭の中に溜まって吸収出来なくなった髄液を、シリコンの管を通して他の場所に流れるようにする、シャント術と言われるものになります。シャント術は、頭からお腹の中、腰椎からお腹と2タイプあり、その人によって一番良い方法が選ばれます。一番多いのが頭からお腹へのタイプですが、最近は腰椎からお腹へのタイプも増えてきています。また、身体には髄液の流れる量を調整する装置も埋め込まれます。
※正常圧水頭症の詳細についてはコチラをご覧ください(PDF)

てんかん

 「てんかんとは、種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見がともなう。」(WHO(世界保健機関)編:てんかん辞典より)
 発症率“100人に1人”と言われています。つまり、全国に100万人の仲間がいると考えられます。また、現在の医療では、適切な治療で発作を70〜80%の人でコントロール可能であり、多くの人たちが普通に社会生活を営んでいます。しかし、2割の人は、薬を飲んでも発作をコントロールできない状態で、「難治性てんかん」と呼ばれるものもあります。

【原因】
てんかんの原因は人によって様々ですが、大きくは症候性てんかんと特発性てんかんに分かれます。
<症候性てんかん>
脳に何らかの障害や傷があることによって起こるてんかん
生まれたときの仮死状態や低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷
<特発性てんかん>
様々な検査をしても異常が見つからない原因不明のてんかん。
【発症年齢】
乳幼期から高齢期まで幅広く発病しますが、3歳以下の発病が最も多く、80%は18歳以前に発病すると言われています。しかし近年、人口の高齢化に伴い、高齢者の脳血管障害などによる発病が増えてきています。
【遺伝】
てんかんのほとんどは遺伝しません。(日本てんかん協会HPより)
当科では検査やお薬の治療を中心に行っております。適切なお薬の選択と日常生活を送る上での注意点などをアドバイスします。難治性で精密検査や、手術が必要と判断される方は、順天堂大学てんかんセンターへの紹介も行っております。

三叉神経痛、顔面けいれん

 これらは神経を頭蓋内動脈・静脈が圧迫することでおこることが多く見られます。いずれも内服、注射などの治療をまず試すことになりますが、それでもコントロールが難しい場合には患者さんの生活の質を下げてしまうことになります.原因検索のためには頭部MRI検査をおこないますが、頭部MRI検査で神経を圧迫している所見がある場合、根治のためには手術治療が有効なことが多くみられます。(脳腫瘍が原因の場合には腫瘍摘出術が必要になることもあります)。
※三叉神経痛の詳細についてはコチラをご覧ください(PDF)

ボトックス治療

 ボツリヌス菌が産生する毒素を眼瞼、顔面筋、頸筋など症状が出ている筋肉に細い針で注射することで、筋肉を麻痺させる治療法です。全身への毒性はなく安全な治療法です。効果は2〜3日後より現れ3,4ヶ月持続します。 費用に関しては、健康保険の対象ですので3割負担の方で約16,000円の自己負担(初診料や再診料はのぞく)になります。継続治療を行っても、3〜4ヶ月で上記の費用です。 最近は、脳卒中後遺症の四肢、頚部の拘縮の緩和にも使用されます。この場合は使用量が多くなるため、あらかじめ障害者申請を取得しておく事をお勧め致します。

症例・手術数実績

     
H25
H26
H27
頸部脳血管障害 開頭クリッピング術 破裂
7
7
11
未破裂
3
6
1
血管内治療 破裂
5
未破裂
11
脳内出血 開頭血腫除去
5
10
9
減圧開頭術
1
2
頸部内頸動脈狭窄・頭蓋内血管狭窄 ステント留置
1
4
慢性硬膜下血腫  
27
37
41
外傷 脳動脈奇形  
1
1
1
急性硬膜外血腫  
1
急性硬膜下血腫  
3
脳腫瘍    
3
5
3
水頭症 V-P  
1
5
5
L-P  
1
1
3
その他  
1
その他 頭蓋形成術など  
6
6
9
総手術数
53
86
109
  • 診療科案内
  • 外来担当表
  • スタッフ紹介
診療科案内

外来のご案内

入院のご案内

お見舞いのご案内

診療科案内 電話:03-3383-1281 〒166-0012 東京都杉並区和田2-25-1<交通アクセス>

このページのトップへ

日本医療機能評価機構 認定第GB331号
CUDマーク
女性活躍推進法