平成28年度 立正佼成会附属佼成病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 690 116 318 559 472 640 930 1427 1717 635
入院された患者さんの件数を年齢層別に表した表です。当院では地域の幅広い年齢層の方々の診療を行っております。全国的に高齢者の患者さんが多く当院でも最も多い年齢層は70代、80代となっております。
小児科・産婦人科の充実によって10歳未満の小児の入院件数が増加しております。地域のかかりつけの先生との連携によって、多くの患者さんをご紹介頂いております。
なおこの表では規定により保険診療の患者さんのみの集計となっており、産婦人科に帝王切開を除くお産でご入院された方(平成28年231名)や、労災や・交通事故自賠責保険をご利用の方はは含まれておりません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 272 2.26 2.72 0.00 67.35
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 100 24.90 21.25 0.11 86.50
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 53 6.25 7.89 0.00 59.09
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 50 14.90 12.43 0.10 80.04
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 45 4.13 5.50 0.00 44.71
当院ではDPCにより入院医療費の計算を行っております。DPCは病名と手術や主な処置・検査・薬剤などの組み合わせと病院ごとに定められた係数により入院費を決定する包括入院料の制度で、全国の病院医療のデータの蓄積と利用も目的にしております。こちらの表は平成28年度に当院の内科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。内視鏡による大腸ポリープ切除術の入院が最多となっております。大腸ファイバーによる検査実施の際、ポリープの切除を行った場合少なくとも1泊入院となります。2位は誤嚥による肺炎のための入院で、全国的に特に高齢者に多い疾患となっており当院においても多くの入院事例がございます。3位、5位は消化器の疾患、4位は尿路の感染にによる入院となっております。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「内科」、「腎臓・リウマチ膠原病内科」、「呼吸器内科」、「神経内科」及び「消化器内科」をご覧ください。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 135 8.29 6.18 0.00 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 101 4.90 6.02 0.00 1.31
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 66 2.97 5.50 0.00 4.11
080270xxxx1xxx 出来高 [ 食物アレルギー 処置1あり ] 53 1.11 2.26 0.00 1.92
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 50 5.46 5.79 0.00 4.30
こちらの表は平成28年度に当院の小児科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)入院件数1位出生後入院加療を必要とした新生児の件数です。2位、4位は主に乳幼児の入院、3位、5位はお子様の胃腸炎や肺炎に対する入院となっております。当院小児科では新生児より15歳までの外傷を除く身体と心の全ての領域にわたり診療を行っております。また年間約680件の入院患者さんの診療を行うとともに、地域のお子様の急性疾患に対応するため平日時間外の救急外来診療も行っております。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「小児科」をご覧ください。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 48 5.52 5.29 0.00 68.15
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 20 2.05 2.72 0.00 69.85
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 20 11.25 9.91 0.00 43.85
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 18 5.11 5.60 0.00 44.61
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし 16 5.44 6.91 0.06 47.69
こちらの表は平成28年度に当院の外科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)1位の鼠径ヘルニア手術、2位の内視鏡によるポリープ切除手術による入院は、共に短期滞在手術基本料3という入院料にて計算されます。外科では入院患者さんの7割以上が手術を目的として入院されていますが、疾患名、実施する手術・処置・検査等が多岐に渡るため、DPC入院料が同一になる患者さんは少なく、2位、3位でも20件となっています。3位~5位は虫垂炎に対する入院で、手術の有無、膿瘍の有無で区分が変わるためそれぞれ別に計算されますが、虫垂炎としては併せて60件近くになります。その他食道、胃、大腸、膵臓、肝臓、胆のう、乳腺など幅広く入院・手術を行っております。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「外科」をご覧ください。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 3,4又は5 46 22.91 20.18 52.17 77.96
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 44 11.84 9.87 2.27 79.48
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 40 12.63 16.54 7.50 66.85
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 40 8.78 7.52 15.00 67.05
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 29 29.24 19.35 65.52 64.86
こちらの表は平成28年度に当院の脳神経外科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)なお、今回の調査では交通事故により自賠責保険を使用した場合や、労災にて入院された場合などはリストから外れております。1位と3位は脳梗塞に対し血液の塊を溶かす薬などを使用し治療する入院です。発症前のRankin Scaleというものの違いで区分が変わります。2位、4位は頭部外傷などによる疾患で血腫を取り除く手術を行う場合と、手術を行わず点滴等にて治療を行ったケースです。その他脳腫瘍、てんかん、水頭症、くも膜下出血、頭蓋内出血、脳血管障害、脳動脈瘤、めまい、頭痛、顔面けいれん等について治療を行っております。地域医療を中心に考え、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞や頭部外傷などの救急対応を必要とする患者さんを多数受け入れております。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「脳神経外科」をご覧ください。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 78 32.17 27.63 42.31 85.38
160620xx01xxxx 肘,膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 腱縫合術等 55 11.35 11.91 0.00 41.67
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 40 27.25 26.26 2.50 76.58
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 32 20.06 20.57 15.63 80.38
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病なし 17 2.71 5.33 0.00 13.29
こちらの表は平成28年度に当院の整形外科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)なお、今回の調査では交通事故により自賠責保険を使用した場合や、労災にて入院された場合などはリストから外れております。1位の股関節大腿近位骨折は特に高齢の方に多い疾患で、入院日数・転院率ともに高い傾向にあります。2位は半月板損傷や前十字靱帯断裂による入院で平均年齢もおよそ42歳となっております。3位は膝関節の変形等に対し人工関節を設置する手術を行う入院です。平均在院日数は全国平均より1日ほど長くなっておりますが、患者様の全身状態などにより異なります。当院では早期のリハビリテーションが行えるよう体制を整え、整形をはじめ、脳神経外科、内科、循環器内科など全診療科の幅広いリハビリテーションに対応しております。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「整形外科」、「リハビリテーション」をご覧ください。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 45 5.53 6.76 0.00 54.71
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔,咽頭損傷を含む) 鼻骨骨折整復固定術等 処置1・2なし 29 4.17 5.80 0.00 37.62
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置2なし 26 2.38 3.44 0.00 73.04
160200xx0100xx 顔面損傷(口腔,咽頭損傷を含む) 下顎骨折観血的手術等 処置1なし 処置2なし 13 6.00 14.27 0.00 53.46
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 処置2あり - - 49.25 - -
こちらの表は平成28年度に当院の形成外科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)なお、整形外科と同様に今回の調査では交通事故により自賠責保険を使用した場合や、労災にて入院された場合などはリストから外れております。保険を使用した入院患者さんの件数を集計しております。1位は全身各所にできた皮下腫瘍の切除目的の入院です。2位は鼻骨や眼窩底、頬骨の骨折に対して手術を行う目的の入院です。3位は眼瞼下垂症に対する手術を目的とした入院です。4位は上顎骨骨折や下顎骨骨折の手術目的の入院です。形成外科では外来にて可能な手術は外来手術をして行っており、外来では難しいものは入院にて行っております。その他顔面の骨折・腫瘍・色素班(しみ)、他科術後のケロイド、手、足(糖尿病の合併による潰瘍など)、爪等に対する疾患の診療を行っております。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「形成外科」をご覧ください。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 103 3.73 4.71 0.00 73.33
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 102 19.99 17.95 5.88 84.99
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 70 3.14 3.06 1.43 69.97
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む),再発性心筋梗塞 その他の手術あり 処置等1_なし,1あり 処置2なし 定義副傷病なし 42 10.64 13.02 0.00 68.69
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり 34 2.00 2.08 0.00 56.47
こちらの表は平成28年度に当院の循環器内科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)1位、3位は狭心症や心筋梗塞の入院で、冠動脈形成術等を行った場合が103件、心臓カテーテルによる検査を行ったケースが70件でした。冠動脈形成術を行った場合の平均入院日数は全国平均より短く、より短期間に治療を終えていることが分かります。2位は心不全による入院で、手術や人工呼吸などの処置を行わなかったケースです。4位は急性心筋梗塞などに対し経皮的冠動脈ステント留置術を行ったケース、5位は睡眠時無呼吸症候群の検査・管理目的の入院で、短期滞在手術等入院料3と言う入院料で計算されます。当科では血管撮影室による検査と治療、生理検査、放射線画像検査を活用し治療を行います。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「循環器内科」をご覧ください。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 50 1.92 2.43 0.00 34.16
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 47 10.74 10.05 0.00 44.19
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 開腹によるもの等 35 10.83 10.36 0.00 47.14
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 35 6.89 6.42 0.00 38.57
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 33 10.97 9.88 0.00 33.48
こちらの表は平成28年度に当院の産婦人科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)保険外となる出産等は今回のリストの対象外となっております。主に産科の保険対象疾患、および婦人科疾患の入院が対象になっています。1位は流産の入院です。平均在院日数は1.92日となっております。2位は子宮筋腫・子宮腫瘍に対する子宮全摘術等を行ったケースです。3位4位は卵巣腫瘍や卵巣のう腫に対する手術を開腹、腹腔鏡により行ったケースです。その他入院による化学療法も多数行っております。臨床腫瘍ならびに婦人科腫瘍専門医を中心に、ガイドラインに沿って病期に応じ手術療法、化学療法など適切に行っております。婦人科、産科共に地域の中核病院として最良の医療を提供できるよう診療に当たっております。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「産婦人科」をご覧ください。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 381 2.34 2.91 0.00 76.07
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 20 5.75 9.15 0.00 68.95
020110xx97xxx1 白内障,水晶体の疾患 手術あり 両眼 15 5.73 6.23 0.00 77.53
020200xx9710xx 黄斑,後極変性 手術あり 処置1あり 処置2なし - - 7.72 - -
020320xx97xxxx 眼瞼,涙器,眼窩の疾患 手術あり - - 3.46 - -
こちらの表は平成28年度に当院の眼科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)1位、3位は白内障に対する眼内レンズ挿入術を行うケース上となっており、短期滞在手術基本料3という入院料にて計算されます。眼科の入院としては全国的に多い疾患です。白内障以外では患者さんの絶対数が少ないこともあり2位以下は20件以下となっております。4位以下は10件以下となり、今回の規定により件数などは掲示されません。2位は緑内障による手術を実施した入院です。4位は黄斑変性による入院です。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「眼科」をご覧ください。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 53 5.08 5.24 0.00 63.04
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 48 5.06 7.47 0.00 54.77
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし 44 5.34 5.50 0.00 34.30
030340xxxxxxxx 血管運動性鼻炎,アレルギー性鼻炎<鼻アレルギー> 29 4.38 6.53 0.00 39.66
030428xxxxxxxx 突発性難聴 20 8.10 9.37 0.00 51.95
こちらの表は平成28年度に当院の耳鼻咽喉科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)1位は前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症、メニエール病などによるめまいに対する入院です。2位は慢性副鼻腔炎により手術を行う入院です。手術方法が複数あり、内視鏡によるものもあります。そのため平均入院日数は5.06日ですが、実施する手術等により入院日数には幅があります。3位は急性扁桃炎による入院で若い方が多くなっております。平均在院日数5.34日となっておりますが、症状等により入院日数に幅があります。その他頭頚部腫瘍をメインに、突発性難聴などの耳疾患、鼻副鼻腔疾患、めまいなど幅広い分野の診療を行っております。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「耳鼻咽喉科」をご覧ください。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 50 5.86 8.96 2.00 67.28
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 35 9.43 11.97 0.00 71.37
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 処置1なし - - 18.22 - -
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く),その類症 - - 7.38 - -
080100xxxx0xxx 薬疹,中毒疹 処置1なし - - 11.28 - -
こちらの表は平成28年度に当院の皮膚科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)1位は帯状疱疹による入院で27年度実績では入院日数が平均5.86日となっており、全国平均を大きく下回っていますが、入院期間は概ね一週間です。平均年齢は67歳ですが、若い方にも多い疾患です。入院にて治療する場合は点滴治療を行います。2位は急性膿皮症により手術をしない入院の場合です。蜂窩織炎など皮膚の細菌感染症です。重症例は入院治療となります。3位~5位は10件未満で今回の規定により患者数などは掲示されません。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「皮膚科」をご覧ください。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 43 2.00 2.68 0.00 71.00
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 37 7.62 7.44 0.00 71.73
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 13 10.38 9.98 0.00 75.08
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 10 10.40 12.43 10.00 66.20
110070xx99x21x 膀胱腫瘍 手術なし 処置2_2あり 定義副傷病あり - - 23.93 - -
こちらの表は平成28年度に当院の泌尿器科に入院された患者さんの、DPC入院料別件数上位5件です。(DPCの説明は内科欄をご覧ください)1位は前立腺癌の検査目的で前立腺針生検法を行うもので、1泊入院のうえ行います。短期滞在等入院基本料3と言う入院料で計算されます。2位は膀胱腫瘍に対し、経尿道的に手術を行うケースです。3位は前立腺肥大症に対し手術を行うケースです。4位は尿路・腎臓の感染症による入院です。比較的若い患者さんもおられます。5位は10件以下となり、今回の規定により患者数などは掲示されません。その他腎臓、尿管、膀胱、尿道等の尿路、および精巣、前立腺、陰茎などの男性生殖器に関する炎症、結石、腫瘍などの診断・治療を行っております。診療科の詳しい内容は、当ホームページ、診療科案内「泌尿器科」をご覧ください。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 10 - - 第6版
大腸癌 12 15 21 28 - - 第6版
乳癌 - - - - - - 第6版
肺癌 - - 11 15 - - 第6版
肝癌 - - - - - - 第6版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌の病期分類と再発により入院した患者さんの入院件数です。化学療法などにより繰り返し入院される場合は入院回数分集計されます。
5大癌では胃がん、大腸がんなどを中心に様々な病期の患者さんに対応し診療を行っております。
当院では緩和ケア病棟を設置しているため、StageIVの患者さんが比較的多くなっております。
また、規定により10件に満たない項目は表示しておりません。ご了承ください。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 6.84 45.58
中等症 80 14.89 81.96
重症 18 14.39 80.94
超重症 21 30.24 85.14
不明 - - -
肺炎の重症度別の患者数、平均在院日数、平均年齢です。
全国的に高齢の方の肺炎による入院が増加しておりますが、当院でも多くの患者さんがご入院になります。
重症度は肺炎を重症化させる可能性のある危険因子の個数で表し、数値が大きいほど重症度が高くなります。
軽度の場合は平均7日ほどで退院となっておりますが、重症度が高い場合は2週間~一ヶ月と長期化しております。
また、平均年齢も高い傾向にあります。
なお、規定により10件未満の場合、及び誤嚥性肺炎等は対象外となり表示しておりません。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 21 9.38 72.14 4.76
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 178 26.65 75.67 33.71
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞のICD10別患者数等を掲載しております。
脳梗塞の件数が最多である一方、10件に満たないケースは規定により表示いたしませんので、ほとんどのケースで表示なしとなっておりますがご了承ください。
当院では緊急対応の必要な患者さんの受入れに全力を上げております。
また早期にリハビリテーションを取り入れる一方、より専門的なリハビリが必要な患者さんには脳卒中地域連携パスを使用し、地域の回復期リハビリテーション病棟を持つ病院への連携も行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 278 0.44 1.37 0.00 67.55
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 25 8.60 10.08 8.00 77.80
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 3.50 8.41 4.55 72.36
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 21 22.62 38.67 42.86 86.14
K654 内視鏡的消化管止血術 16 1.13 9.50 0.00 71.94
こちらの表は平成28年度に当院の内科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。当院内科の1位は大腸・結腸ポリープに対する内視鏡的切除術です。外科でも同じ手術を多数行っております。大腸内視鏡検査を行い、ポリープを発見した場合に必要に応じポリープ切除術を行い、病理診断などを行います。この場合、出血その他の経過観察のため一泊程度の入院が必要になります。その他、拡大内視鏡、超音波内視鏡を使用し正確な内視鏡診断を行い食道・胃・十二指腸・大腸の早期癌の内視鏡治療を行っております。2位は総胆管結石などの摘出のためや、胆道ドレナージなど他の手術の補助として内視鏡的に十二指腸乳頭を切開する手術です。急性膵炎や胆のう炎、胆管炎等の治療に行われます。3位は胆道の流れを改善するためステントと呼ばれる管を留置する手術でこちらも内視鏡にて行います。4位は経口での食事摂取が難しい場合や誤嚥性肺炎の危険がある患者さん等に栄養管理を行う場合に実施される場合があります。5位の内視鏡的止血術も含め内科の手術は消化器内科で行われる内視鏡的手術が中心となります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 48 1.42 3.10 0.00 68.15
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 1.32 5.07 0.00 63.14
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 26 0.54 2.12 0.00 70.54
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 23 8.52 17.78 0.00 69.70
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 17 0.76 3.29 0.00 45.06
こちらの表は平成28年度に当院の外科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。また、交通事故による自賠責保険や労災等を利用した場合は対象外となります。1位は鼠径ヘルニア手術です。下腹部のいわゆる脱腸の治療で手術以外に治す方法はないと言われています。平均すると術後3~4日ほどで退院となり、多くの方は7日以内の入院日数となっています。2位は腹腔鏡下胆嚢摘出術です。胆のう結石や胆のうポリープに対し、腹腔鏡下にて手術を行います。腹壁の大きな切開が不要なので術後の回復、創部の大きさ等すぐれています。当院では安全性に十分留意した上で、症例を選び腹腔鏡下手術を積極的に行っています。3位は内科同様大腸・結腸の内視鏡的ポリープ切除術です。4位は結腸切除術、5位は腹腔鏡下虫垂切除術です。外科ではその他食道、胃、大腸、直腸、肝臓、十二指腸、胆のう、虫垂、乳腺等の手術を幅広く行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 37 2.59 18.62 10.81 78.41
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 16 2.69 39.13 81.25 70.31
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K189 脊髄ドレナージ術 - - - - -
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) - - - - -
こちらの表は平成28年度に当院の脳神経外科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。また、交通事故による自賠責保険や労災等を利用した場合は対象外となります。1位は慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)です。外傷などにより長期間かけて硬膜とくも膜の間にできた血腫を取り除く手術です。頭部に穴を開け治療します。2位は開頭による頭蓋内血腫除去術、3位~5位は10件未満のため今回の規定により患者数等は掲示されません。その他脳外科では頭蓋内腫瘍摘出術、水頭症手術、脳動脈瘤頸部クリッピング術などの手術を行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 64 4.42 22.47 34.38 76.63
K0821 人工関節置換術 52 1.83 24.10 5.77 76.21
K0811 人工骨頭挿入術(股) 31 4.68 25.71 38.71 85.06
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 40 1.10 2.45 0.00 48.63
K0462 骨折観血的手術 46 1.96 7.48 0.00 60.87
こちらの表は平成28年度に当院の整形外科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。また、交通事故による自賠責保険や労災等を利用した場合は対象外となります。1位、5位は骨折の手術で、部位は大腿が46件、下腿が17件、前腕が29件、上腕が18件などとなっております。区分が違うため掲載されませんが鎖骨、手、足、膝蓋骨の手術も行っております。2位は人工関節置換術で、実施部位は膝が45件などとなっております。人工膝関節全置換術を行う場合は、日本人の骨形態に合わせて独自に開発した日本製の人工関節を使用しております。入院日数はおよそ3週間ですが、患者さんによって慎重に決定します。3位は股関節の人工骨頭挿入術です。その他に関節鏡による膝、半月板や十字靱帯断裂の手術、手関節の関節形成手術等を行っております。手術について詳しくは当ホームページ診療科案内「整形外科」をご覧ください。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 17 0.18 1.00 0.00 30.29
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 14 0.00 1.57 0.00 74.43
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 12 0.00 1.17 0.00 71.42
K433 上顎骨折観血的手術 11 1.18 3.37 0.00 52.73
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
こちらの表は平成28年度に当院の形成外科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。また、交通事故による自賠責保険や労災等を利用した場合は対象外となります。1位は鼻骨骨折に対する鼻骨骨折整復固定術です。当科では局所麻酔にて行い通常は1泊入院で行っております。2位、3位は眼瞼下垂症の手術で、方法により区分が異なります。加齢に伴う下垂は腱膜性眼瞼下垂がほとんどで、この手術は頭痛などの症状を改善します。通常は1泊入院で行っております。4位は上顎骨骨折の手術で、5位は皮下腫瘍の切除術で部位は多岐に渡りますが、件数は10件以下となっております。その他皮膚潰瘍の手術、皮膚皮下腫瘍の手術、皮膚悪性腫瘍手術、瘢痕拘縮形成手術、軟部腫瘍摘出術、骨内異物(挿入物を含む)除去術、四肢切断術、手根管開放手術、眼窩骨折観血的手術、頬骨骨折観血的整復術、耳下腺腫瘍摘出術などの手術を入院にて行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 96 2.35 3.48 0.00 74.35
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 35 0.29 8.17 0.00 71.09
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 25 0.00 10.56 0.00 68.36
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 19 2.89 4.00 0.00 76.68
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 14 14.29 11.07 0.00 81.64
こちらの表は平成28年度に当院の循環器内科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。1位~3位は狭心症や心筋梗塞などに対し行う経皮的冠動脈ステント留置術です。心臓に血液を送りこむ血管をステントと呼ばれる材料で補強し、血液の流れを回復させるために行う手術です。2位の(不安定狭心症)は来院から24時間以内に行うなど算定条件が多数定められております。3位の(急性心筋梗塞)は来院から責任病変の再開通までの時間が90分以内である等の算定要件が定められております。特定の条件を満たさない場合は(その他)となり、当院の1位となっております。4位は四肢の血管拡張術・血栓除去術、5位はペースメーカー移植術で完全房室ブロックや洞不全症候群などの除脈性不整脈の患者さんに行います。その他経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的肺動脈形成術、経皮的カテーテル心筋焼灼術などの手術を行っております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 53 1.25 9.45 0.00 50.25
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 47 0.89 0.06 0.00 34.23
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 39 1.00 4.95 0.00 38.21
K867 子宮頸部(腟部)切除術 29 1.00 1.00 0.00 42.62
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 23 0.70 9.39 0.00 32.96
こちらの表は平成28年度に当院の産婦人科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。当院では臨床腫瘍、婦人科腫瘍の専門医を中心にガイドラインに沿って手術療法、化学療法など病期に応じて標準治療法をすすめております。手術待ち期間は約一カ月で大学病院な度と比較し早期に手術を行う事が出来ます。子宮筋腫に対する子宮全摘術、卵巣腫瘍等に対する腹腔鏡下子宮附属器腫瘍摘出術、子宮頚部切除術等が件数としては多くなっておりますが、婦人科、産科全般に多くの手術を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 399 0.62 0.89 0.00 76.09
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 18 1.17 3.39 0.00 69.61
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
K2231 結膜嚢形成手術(部分形成) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
こちらの表は平成28年度に当院の眼科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。今回の掲載規定により年間10件未満の場合は掲載いたしません。1位は白内障に対する水晶体再建術で年間約400件の手術を行っております。患者入院日数は片眼につき1~3日で行っておりますが、患者様のニーズに合わせに調整しております。その他緑内障手術は流出路再建術・濾過手術を行っており、視野障害の進行防止に寄与しています。3位以下は10件未満となっており規定により掲示されません。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 30 1.03 3.27 0.00 55.37
K344 経鼻腔的翼突管神経切除術 27 1.22 2.89 0.00 38.22
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 14 1.29 8.43 0.00 27.43
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 13 0.15 5.62 0.00 26.54
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 12 1.08 2.50 0.00 49.17
こちらの表は平成28年度に当院の耳鼻咽喉科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。1回の入院で行われた代表的な手術を元に集計しております。当院耳鼻咽喉科では耳、鼻副鼻腔、咽頭、喉頭、頭頚部の領域で幅広く手術を行っております。そのため、種類ごとの年間実施件数は30件以下となっておりますが、平成28年度は20種類以上の手術を行っており、多様な患者さんに対応いたしております。手術については当ホームページ診療科案内に詳しく掲載しておりますので、こちらもご覧ください。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 41 2.73 5.07 0.00 71.80
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 0.71 8.71 7.14 66.86
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 13 1.46 7.92 0.00 75.08
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K833 精巣悪性腫瘍手術 - - - - -
こちらの表は平成28年度に当院の泌尿器科に入院された患者さんの、件数の多い手術の上位5位です。規定により1入院期間に左右を含め複数の手術を行った場合でも1件とカウントします。また今回の掲載規定により3位以下は年間10件未満のため掲載いたしません。1位の膀胱悪性腫瘍手術のように当科の多くの手術は内視鏡によって行う膀胱がんや前立腺肥大症の手術になっておりますが、がん根治手術も行っております。週2回手術を行っており、件数表示はありませんが平成28年度はその他約20種類の手術を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 14 0.21
180010 敗血症 同一 21 0.32
異なる 31 0.47
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 11 0.17
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
上記疾患は、様々な疾患の合併症の発生率などを示しております。
入院契機が「同一」のものは他院などより合併症を発症した状態で受け入れたり、入院時に既に発症した状態で入院した場合です。「異なる」は入院後発症した場合となります。より重症な方の受入れを行っている結果として、発生率が上昇する場合もあります。
なお、今回規定の10件に満たない場合は表示いたしておりません。
更新履歴
2016/09/26
病院情報を公開しました。
2017/09/30
平成28年度データに更新しました。
2018/2/10
一部更新しました。

このページのトップへ